XRPは2018年にさらに高騰!?Ripple(リップル)社の未来を予想してみる

 

ビットコイン以外の通貨 (アルトコイン)はたくさんあります。私は個人的にXRPの成長に期待しています。今回はリップルがなぜ将来的に期待できるのかについてシェアしたいと思います。

リップルとXRP

まずよく仮想通貨XRPがリップルと呼ばれているのを耳にしますがこれは誤りです。Ripple(リップル)とは会社の名前です。Ripple社が発行した仮想通貨がXRPという通貨単位になります。

Ripple社公式ページ

Ripple社は国際送金のプロトコルを策定し、国際送金のレガシーなシステムに革命を起こそうとしています。




 

Rippleの事業内容とXRPの特徴

XRPが投資家に注目されている理由は、国際送金のシームレス化と行政や大企業の参入により信頼が高まってるからです。仮想通貨そのものがまだまだ真の信頼を得ていないことを考えるとこれは大きなメリットと言えます。

公式ページを調べると、先ほども述べたようにXRPにお期待される将来的な役割は国際送金のシームレス化です。例えばこれまで海外送金をしようとする場合、日本の口座から海外の口座に送金する間に中継銀行を介するためにかなりの金額の手数料と時間がかかっていました。仲介する銀行に対して支払う手数料のコストが不透明かつが高すぎるのです。

Ripple社の思惑は、そんな不便なものやめて不必要かつ不透明な仲介手数料を排除したスムーズな送金取引をするということなのです。XRPは次世代の決済基盤として期待されているのです。

XRPではビットコインのようにマイニングの仕組みを使わず、分散台帳間の必要な部分だけで処理が行われるため、決済取引のスピードが非常に速いのが特徴です。

 

リップルの2018年の将来性

法定通貨からビットコインに流れた資金はこのままビットコインであり続けるかというとかなり懐疑的です。

なぜならビットコインそのものは送金速度が遅く、流動性に期待が持てないからです。このまま将来的に全ての海外送金がビットコインで行われることはかなり無理な話でしょう。もしそんなことになったら現状だと負荷がかかりすぎて決済システムが破綻してしまうからです。

やがてビットコインに流入した資金はアルトコインへと流れていくと考えられます。ただし全てのアルトコインが成長するのではなく、国家や金融機関の信頼に売らずけられた本物の通過だけが残っていくでしょう。そういう視点で見るとリップル社の将来性、XRPは2018年以降も期待できるのではないでしょうか。個人的には2018年12までに2,000円代に到達する可能性は十分にあると思っています。

 

2018年1月9日現在、XRPの相場は1XRP=300円あたりを上下しています。

 

 

でもこのXRP、2017年1月時点ではたった1円以下の価値しかなかったのです。。

人工知能によると2018年には嘘か誠か10,000円超えるとかww

 

 

リップルについて紹介しました。「なぜその銘柄を買うのか」自分で調べて分析をして根拠が生まれたなら、自信を持って投資すべきです。

多くの人は相場が動いてからその動きについていきますが、それでははっきり言って遅すぎます。誰も見出していないような視点で自分なりに調べ、成長する根拠を見つけて投資していかないと勝てるわけがあえりません。自分で考えて調べることが大事ですね。

日本国内の仮想通貨取引所ならbitFlyerCoincheck がオススメです。

 

 

Coinchekck公式ページ。こちらからもアクセス可能です↓
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

bitFlyer公式ページ。こちらからもアクセス可能です↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です