2018年1 月11日より受付開始!アルトコインFXでレバレッジ取引できる!DMMビットコイン登録方法。リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)など仮想通貨取引!

仮想通貨を購入する場合、多くの場合は直接その通貨を売買する現物取引を行いますが、取引所によっては為替のFX取引と同じようにレバレッジをかけた取引をすることもできます。

レバレッジ取引をすれば通常の預け入れ金額よりも何倍もの価格で取引ができます。リスクがあると言われる一方で一気に資産が増えるという最大のメリットがあります。

 

このレバレッジ取引、日本国内の取引所ではイーサリアムリップルなどビットコインを除く通貨(アルトコイン)はほとんど取り扱われていないのが現状です。ところがこの度、「DMMビットコイン」で数多くのアルトコイン銘柄での FX取引が可能になることが発表されました。



DMMビットコインについて

DMMグループである東京ビットコイン取引所は 2017年12月12日付でDMM Bitcoinに商号変更を実施しました。

そして2018年1月11日より「DMM Bitcoin」の名前で、新たな仮想通貨取引サービスの口座開設申し込み受付を開始すると発表しました。プラットホームはPC版とスマートフォンアプリを用意しており、24時間365日のユーザーサポートを提供するとのことです。

 

DMMビットコインの特徴

 

DMM Bitcoinの特徴をまとめると次のようになります。アルトコインのレバレッジを効かせたFX取引と手数料の無料が大きなメリットと言えます。

  • 現物取引はJPYを含む3通貨ペアと現時点では少ないもののレバレッジ取引は14通貨ペアと取り扱い銘柄が豊富
  • レバレッジ5倍固定のレバレッジ取引が可能
  • 24時間365日での利用者サポート
  • 取引手数料、円建て入出金手数料が無料
  • 高機能な公式スマホアプリの提供

 

DMMビットコインの手数料

繰り返しますがDMM Bitcoinでは取引にかかる手数料がほぼ無料です。これって結構すごくないですか?現物取引の際も、レバレッジ取引の際も手数料は無料です。

また入金手数料と出金手数料が無料です。これは他の取引所と比べてかなり大きな強みといえます。

 

またレバレッジ手数料(スワップ)は0.04%相当の日本円が手数料として引かれます。決して高い金額ではないものの、長く保有する場合には考慮しておくべき点です。

 

DMMビットコインの取り扱い銘柄

2018年1月11日の開始時点での取り扱い予定銘柄は以下のようになります。

現物取引できる銘柄がビットコインとイーサリアムのみとなっています。

仮想通貨銘柄 現物取引 レバレッジ取引(FX)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ネム(XEM)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ(BCH)

 

取引可能と予定されている通貨どうしのペアは以下のようになります。

現物取引する仮想通貨ペア 現物取引 レバレッジ取引(FX)
イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)
イーサクラシック/イーサリアム(ETC/ETH)
ネム/ビットコイン(XEM/BTC)
リップル/ビットコイン(XRP/BTC)
ライトコイン/ビットコイン(LTC/BTC)
イーサクラシック/ビットコイン(ETC/BTC)
ビットコインキャッシュ/ビットコイン(BCH/BTC)

 

DMMビットコインの口座開設方法

こちらのDMM Bitcoinの公式予告ページで受付開始予定などの情報がアナウンスされています。

まだ受付が開始されていませんが、おそらく口座開設には一般的な取引所と同様、メールアドレス電話番号免許証やパスポートなどの身分証明書があれば可能でしょう

注目を浴びていることを考えると、2018年1月11日の受付開始時には応募が殺到することが予想されます

スムーズに開設を進めたい方はあらかじめ提出書類などを準備しておくと良いでしょう。

 

取引銘柄の多さならコインチェック!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です