bitFlyer[仮想通貨取引所]の口座開設方法を画像付きで説明

仮想通貨を始めてみたいけれど、どの仮想通貨取引所を選べばいいか悩みますよね。

とりあえず国内最大級の取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」は作っておけば間違いないでしょう。後々もっとたくさんの銘柄を選びたいと思ったのであればその時にまた別の取引所を開設すればいいのです。

というわけで今回はbitFlyerのユーザー登録と口座の解説方法について解説します。

 

口座開設に必要なもの

口座開設にあたって必要なものは、メールアドレス電話番号免許証やパスポートなどの身分証明書。基本的にこれらがあれば取引口座の開設はできます。今回はセキュリティを強化するためにGoogle製の「Authenticatior」というスマホアプリを使います。なのでこれを使う方はスマートフォン(iOS/Android)も準備しておきましょう。

公式ウェブサイトにアクセス

まずはbitFlyerの公式ページにアクセスします。

こちらからもアクセスできます↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

以下のトップページが表示されます。

 

トップページにメールアドレスを入力する場所があるので、そこに自分のメールアドレスを入力して下さい。あるいはトップページ右上の「無料アカウント作成」をクリックしても同じような入力欄が表示されます。そこでアドレスを入力することもできます。以下のような画面です。

どちらでも構わないです。入力し終わったらアカウント作成のボタンをクリックします。

ちなみに今回はFacebookアカウントなどの既に作成した別サービスのアカウントを連携させて登録する方法は使いません。新規にメールアドレスを通じて登録することにします。

 

これでアドレス宛にメールが送られて来ます。もしもメールが送られてこない場合は、入力したアドレスが正しいか、迷惑メールフォルダに入っていない確認しましょう。

メールを確認すると「キーワード」と「初回パスワード」が記載されています。初回パスワードはアカウント作成時に自動的に設定されるものなので後で自分専用のパスワードを設定しておきましょう。

 

メールにある登録画面へのリンクをクリックします。

下記の画面が表示されるので、各同意項目にチェックを入れて「bitFlyerをはじめる」をクリックします。

 

これでユーザー登録が完了しました。

 

bitFlyerにはアカウントの種別が2種類あり、ユーザ登録が完了した時点ではウォレットクラスになっています。仮想通貨の取引をするためにはトレードクラスにアップグレードする必要があります

2つのクラスの違いは下の表のようになっています。

 

トレードクラスへのアップグレード

以下の手順で本人確認登録などの各種情報を登録してトレードクラスにアップグレードしましょう。

まず本人情報の入力に進みます。

次の画面が表示されていたら「まずは取引時確認の入力からはじめる」をクリックして下さい。

 

もし上記の画面が表示されていない場合は、トップ画面右下の「ご本人情報のご登録」をクリックして登録画面を表示させて下さい。(まだ登録が完了していない時点では、アカウントクラスはウォレットクラスとなっており、各種の登録情報は未確認となっているはずです)

 

本人情報登録

名前、住所など必要な項目を入力していきます。口座開設の審査にあたって重要な項目なので間違いのないように入力していきます。

以上の登録を済ませたら、同じ要領でトップ画面右下の「ご本人確認資料のご提出」「携帯電話認証」「銀行口座情報確認」「お客様のお取引目的等のご確認」を済ませましょう。

 

本人確認資料の提出

ここでは運転免許証を提出書類とした図を示します。パスポートであれば顔写真のあるページをアップロードすればいいです。マイナンバーカードであればオモテ面だけをアップロードすれば良いです。

電話番号認証

電話番号を入力して「携帯電話認証をする」をクリックします。SMS(ショートメール)で認証番号が送付されるのでその番号を入力して電話番号の認証が完了となります。

 

銀行口座情報の登録

画面に従って自分の銀行口座情報を入力します。

 

取引目的等の確認

該当する項目にチェックを入れて「入力する」をクリックすれば完了です。

 

ハガキの受け取り

本人確認書類の認証が完了すると自分が登録した住所宛てに転送不要書留郵便が送付されます。このハガキを受け取ると「転送不要書留郵便のお受取」のステータスが完了となり、トレードクラスとして全ての取引が利用可能となります。

 

2段階認証

本来必須ではありませんが、資産を守るためにもセキュリティ上非常に重要なので2段階認証は必ず有効にしておきましょう。

まずスマートフォン用のアプリ、Googleの「Authenticator」をインストールしましょう。

 

Google Play で手に入れよう

 

トップページ右下の「二段階認証」をクリックします。

 

設定画面に移るので、設定項目一覧から「セキュリティ設定」を選択します。

セキュリティ設定を確認すると、デフォルトでは

  • ログイン時に二段階認証を使用する
  • 外部アドレスの登録時に二段階認証を使用する
  • 日本円の出金時に二段階認証を使用する

の2段階認証の項目が「設定されていません」になっています。セキュリティ性を高めるために多少面倒でもこれらを全て有効にしておくことを強く推奨します。何か起きてからでは遅いので。。

変更するには「2段階認証設定を変更する」をクリックします。

 

 

今回は認証アプリを使うので、「認証アプリを使う」のラジオボタンにマークをして、「いつ使用するか」の各項目にチェックを入れます。終わったら「次へ」を押します。

 

ここで「Authenticator」アプリを起動させ右上の「+」ボタンをタップします。

すると下に項目が表示されるので「バーコードをスキャン」を選びます。するとカメラが起動します。

 

QRコードが表示されているので、これをカメラで読み取ります。

 

アプリに一定時間ごとに更新される6ケタの認証コードが表示されるので、これをブラウザの入力欄に入力し「2段階認証を設定する」をクリックします。

 

これで設定が完了しました。これらの項目はいつでも変更することができます。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です